建築設備士

サラリーマン

建築設備士は、建築設備全般(空調・換気、給排水衛生、電気等)に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行える資格者です。

建築士は、建築設備に係る設計・工事監理について、建築設備士の意見を聴いた場合、建築確認申請書等においてその旨を明らかにしなければなりません。
(建築士法20条5項、同施行規則17条の18)

関連記事

ページ上部へ戻る