1級建築士

管理者

建築士は、建築士法によって定められている設計から工事監理までをすべてにわたって行う専門家で、1級建築士、2級建築士、木造建築士があります。 1級と2級は建物の規模と構造の差で区別されています。

木造の建築物の場合、1級建築士でなければならないものは、「延べ面積が1,000m2を超え、かつ2階以上のもの」、「高さが13mを超えるもの」、「軒の高さが9mを超えるもの」、1級建築士または、2級建築士でなければならないものは、「延べ面積が300m2を超えるもの」、「3階以上のもの」、1級建築士・2級建築士・木造建築士でなければならないものは、「延べ面積が100m2を超えるもの」とされています。

学校や病院、百貨店などの大型建築物で延べ面積が500m2を超えるものは1級建築士でなければなりません。

建築士の主な仕事は、建築物の設計と工事監理。その他、建築の確認申請や建築物の調査鑑定など、建築に関するさまざまな業務があります。

関連記事

ページ上部へ戻る